パパ活って犯罪なの?安心してパパ活を行うための注意点

529

パパ活をしているって友達に話したら「てか犯罪じゃないの?」って言われてしまった…。

そんな方はいませんか?

みんなやってるから大丈夫だろう、と思っていても実際のところどうなのかを知りたいですよね。

この記事ではパパ活は犯罪なのかを解説します。

パパ活は犯罪ではない!

結論から言うと、パパ活自体は合法で犯罪ではありません。

ここでお話ししているパパ活の定義は「デートや食事の見返りとして金銭的援助を受け取っている」というものです。

デートをして見返りをもらっているだけならばパパ活は合法なんです。

おすすめはしませんが、例え肉体関係を持ったとしても、デートの延長線上の行為とみなされるため逮捕されたりすることはありません。

肉体関係を持つと売春になるのでは?と思うかもしれませんが、売春は代償を得ることを目的として複数人の異性と関係を持つことを言います。

まず、関係を持っているパパが1人なら売春にはあたりません。

複数人のパパがいる場合も、売春を斡旋している人や店は罰せられますが実際に肉体関係を持った個人が罰せられることはないんです。

つまり、パパ活は犯罪行為ではないんです。

パパ活が「犯罪」になってしまう場合とは?

しかし、ある一定の基準を越えるとパパ活が犯罪になってしまうこともあります。

その基準とはどのようなものなのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

18歳未満がパパ活をしている場合

あなたが18歳未満の場合、成人男性と体の関係を持ってしまった場合は「青少年保護法」に抵触してしまします。

例えばあなたがパパ活をしていることが親に知られ、親が警察に通報をしてしまった場合はあなたは”補導”、相手の男性は”児童売春”で逮捕されます。

あなたは厳重注意で終わりますが、相手の男性は確実に逮捕されてしまいます。

18歳未満の女性は、決して成人男性と肉体関係を持って金銭をもらうようなことはしないようにしましょう。

著しい嘘をついてパパ活をしている場合

次にあなたが相手の男性に必要以上に嘘をついて金銭的援助をもらっている場合は”詐欺罪”に当たる可能性があります。

例えば「親の手術費用が100万円必要…私しか出せる人がいない」「学費が払えなくて大学を辞めなければならない…今すぐに50万円必要」などと嘘の理由を相手に述べて金銭を受け取るのは詐欺に当たります。

男性が通報してしまうと、詐欺罪で逮捕される可能性もあります。

プライベートを全て話す必要はないので、自分を守る程度の嘘は許容範囲ですが、相手にお金を多く出させるための嘘はつかない方が無難です。

その他パパ活で気をつけることとは?

犯罪には当たらなくても、その他パパ活で気をつけることがあります。

知らずにラインを超えてしまい、金銭的に打撃を受ける場合がありますので頭に入れておきましょう。

既婚者とのパパ活には注意が必要

パパ活をしている男性は、経済的に安定した既婚者の男性も数多くいます。

あくまでもパパ活の相手としてデートや食事だけのお付き合いする分には問題ありませんが、肉体関係を持っていることが相手の奥さんに知られた場合は慰謝料を請求されることがあります。

相手が既婚者であることを知らない場合は、法律的にはセーフなのですが証明するのが難しいのです。

万が一不貞行為として慰謝料を請求された場合は、最低でも50万円、相手夫婦が離婚してしまった場合は最高で300万円程度の慰謝料を請求されます。

かなりの高額の請求を申し立てられる可能性があるので、既婚者とパパ活をする場合は十分に注意をしておきましょう。

自分が犯罪の被害者にならないように注意

自分が犯罪を犯すだけでなく、あなた自身が犯罪の被害者になることもあります。

稀に組織的にパパ活をしている女性を狙って投資などの詐欺を持ちかけてくる男性がおり、被害にあった女性もいるのです。

パパから「うまい投資話がある」「少しお金を預けてくれたら100倍にして返してあげる」などと言われても、断るようにしましょう。

詳しくは別の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

http://amante.fun/column/archives/241

安心して合法でパパ活しよう!

パパ活は基本的に合法であるということが分かっていただけたと思います。

パパ活は18歳以上の女性が行う分には犯罪行為には当たりません。

売春は違法行為ですが、パパ活をしている個人が逮捕されることはありませんので安心してください。

基本的にパパ活はデートや食事の見返りとしての経済的援助ですので、肉体関係を容易に持つことはおすすめしません。

既婚者と肉体関係を持つと、不貞行為で慰謝料請求をされる可能性があることも頭に入れておきましょう。

また、しっかりと安心できるパパを選んで自分が犯罪の被害者にならないことにも注意してください。

自分の身をしっかりと自分で守って、安心してパパ活を行いましょう。